コエンザイムQ10の飲み方

コエンザイムQ10を外部から摂取する際、ほとんどの人がその中心的なものとするのがサプリメントです。

そして、できる限りの範囲で食事からも取り入れるようにするといった感じでしょうか。

ただ、このコエンザイムQ10は、より多くの量を摂取するればいいというものでもありません

一日に適量を摂取するようにし、その飲む時間帯などにもちょっとしたコツがあるのです。
ちょっと気をつけるだけで、コエンザイムQ10も効果的に生かされてきます。

1日の量は30〜60mg

コエンザイムQ10は、もともとは体内で合成されている物質です。
ですから、いくら大事な物質といえどもあまりにも大量に摂取してしまうのは考え物。

過剰摂取による副作用等は確認されていないとはいえ、一般的には30〜60mgから初めてみるのが一番良いといわれています。

食前には飲まない

コエンザイムQ10は油に溶けやすい性質を持っていますが、水には溶けにくいという性質があります。

吸収率を高めたいのであれば油料理を食べている最中か、食事が終わった時に飲むのがいいです。

習慣とする

コエンザイムQ10は、その摂取を止めたりすると、大体一週間ほどで元通りに戻るといわれています。

ですから、毎日、習慣として飲み続けることが大事となります。

吸収率をアップする食材と一緒に摂る

抗酸化作用をもつビタミンE、ビタミンCを含む食材はおすすめです。