良好な生命活動に必要不可欠

1957年に発見された重要な物質、コエンザイムQ10。

学名を「ユビキノン」といい、ビタミン様物質として全ての細胞膜に存在しています。

コエンザイムQ10が特に多く含まれているのが心臓や肝臓、卵巣、精巣。
そのなかでも、 とりわけよく使うのが心臓です。

コエンザイムQ10は人が生きていくためには必要不可欠な物質であり、不足すると体にさまざまな疾患や病気を引き起こしていきます。

十分にあることで心筋梗塞心不全狭心症糖尿病高血圧などの改善予防などに有効な力となるのです。

特にその強力な抗酸化作用からは、動脈硬化ガン生活習慣病予防するともいわれているのですから、現代人には必須の物質ともいえます。

また、コエンザイムQ10は、エネルギーの燃焼効果を高くする作用があります。

これはダイエットにもなる働きであると同時に、冷え性肩こりの改善、そして美肌を作ることにも結びついていきます。

残念な事に、コエンザイムQ10は20代をピークに減少していきます。

体内で合成されているとはいえ、40歳前後で不足状態になるといわれていますので、外部からも積極的に吸収していきたいもの。

サプリメントや化粧品など、専門的に作られたものもありますが、魚や肉類などに少量ですが含まれています。

積極的なコエンザイムQ10の摂取による効果

人の生命時活動には欠かすことのできない重要な物質であるコエンザイムQ10。

加齢と共に減少していくので外部からも積極的に吸収していきたいわけですが、そうすることでどんな効果が期待できるのでしょうか。

健康的な体

加齢による老化は誰もが避けられないもの。

でも、努力次第でこれを遅らせることもできます。

コエンザイムQ10は細胞の再生を促進する働きがありますので、新陳代謝の機能を回復させ、抵抗力を向上させて病気に強い体をつくります。

ダイエット

コエンザイムQ10は、エネルギーの生産をサポート。

脂肪を燃焼させてエネルギーにかえていきます。

体内のエネルギー生産能力が向上するということは、痩せやすい体質になるということです。

肌のアンチエイジング

紫外線や乾燥、加齢などからおこる肌の衰え。

強力な抗酸化物質であるコエンザイムQ10は、細胞の再生を活発にしてこれらのダメージからお肌を守っていきます。

肌への効果を狙った化粧品なども多く販売されているのはこのためです。

疲労回復

エネルギー生産に長けているので、新陳代謝を向上させて疲労も回復

疲れを翌日に持ち越さないようにします。