酸化型と還元型

体にある全ての細胞に存在するといわれているコエンザイムQ10。

その働きはエネルギーの生産高い抗酸化力です。

コエンザイムQ10は20代をピークに加齢と共に減少してしまいますので、外部からも積極的に摂取するようにしたい物質です。

そんなコエンザイムQ10は、還元型酸化型に分けられます。
ほとんどが還元型であり、酸化型となって初めて体内でその働きを実行させます。

外部からコエンザイムQ10を摂取する場合、最も多い方法といえばサプリメント

さまざまなメーカーからコエンザイムQ10のサプリメントが販売されていますが、それには酸化型と還元型とありますので要注意

「酸化型を摂取してもなんにもならないんじゃないの?」と思われますが、酸化型のコエンザイムQ10を摂取することで、それを体内で還元型に変換されます。

変換後になってコエンザイムQ10としての力を発揮するのですね。

ただ、この酸化型から還元型への変換は、ちょっと厄介。
しかも、その働きは加齢と共に低下してうまくできなくなってしまいます。

ですから、若い人ならまだしも、ある程度の年齢にいった人が酸化型のコエンザイムQ10を摂取しても、それを還元型に変換することができないといった事態がおこります。

コエンザイムQ10を摂取しているのに、十分な働きがなされない…ということなのです。

そういったせっかくの努力をムダにしないためにも、コエンザイムQ10を選ぶ際は還元型を選ぶようにするのが大事。

還元型なら、体内に入ればそのまま面倒な変換無しで働いてくれます

ただ、面倒な手順がないということは、それだけ価格も高くなってしまうということ。
コエンザイムQ10の還元型は、酸化型よりも少々お値段が高くなってしまいがちです。

といっても、酸化型だと摂取した分だけ働いてくれるかわかりません。
ムダが多くなる可能性を考えると、多少高くても、その働きが高く期待できる還元型のコエンザイムQ10の方がいいですね。

中高年ほど還元型

中高年と呼ばれる年代では、コエンザイムQ10の合成能力はかなり低くなっています。

そうなると筋肉の動きも悪くなり、心臓病などのリスクもぐんと跳ね上がります。
40代から病気の発症sリスクが高くなるのはこのためでもあるのですね。

そんなコエンザイムQ10が極端に不足している年代には、還元型での摂取をするようにします。

通常、発売されている酸化型のサプリメント茶褐色をしています。
これは、製造された直後は真っ白だったのが、時間と共に酸化されて色を変えていくのです。

若いときなら酸化型でも体内で還元されて活用されますが、年をとるとそうもいかなくなります。
ですから、中高年と呼ばれる年代の人は、酸化されるまえの還元型のコエンザイムQ10を摂取するようにします。