生命維持活動において大事な物質、コエンザイムQ10

コエンザイムQ10(別名:ユビキノン)とは、心臓細胞のミトコンドリアの中にあるオレンジ色の物質のことです。

これは1957年に、クレーン博士によって発見されました。

コエンザイムQ10は体中のあらゆる細胞に存在し、人が生きるために必要な物質です。

体内で合成されていますが、それが足りなくなると命にも関わるほど重要な物質となっているのです。

そんなコエンザイムQ10の働きは、大きく2つに分類されます。

一つは食事から得た糖や脂肪、アミノ酸などをエネルギーに変換する働き。

そしてもう一つは、活性酵素による酸化から細胞を守る…つまりは老化の進行を妨げる働きです。老化によるシミや目の下のクマなど、様々なお肌のトラブルにも関係していると言われています。

コエンザイムQ10は、残念な事に加齢と共に減少していくことがわかっています。
そのピークは20代であり、それ以後はどんどん減っていきます。

不足してくるとどういったことが起こるのかというと、心臓という命に関わる臓器の機能が低下してきます。

それが慢性的な疲れ肥満足のむくみ動機息切れ疲労感低血圧心筋梗塞脳卒中といった症状を引き起こしていくのです。

加齢と共に減少してしまうコエンザイムQ10は、外部からも摂取することで補うことができます。

今ではコエンザイムQ10のサプリメント化粧品などもたくさん販売されていますから、
吸収率の高いものを選ぶようにしていきたいものです。